• HOME
  • 死亡事故の逸失利益

死亡事故の逸失利益

TNF_1006.jpg

死亡事故における逸失利益とは、交通事故の被害者が事故に遭ってしまったために、得られなくなった将来得られたであろう収入の推計です。


例えば45歳の男性サラリーマンの場合、67歳までの残り22年間で得られたであろう収入の推計が逸失利益となります。

死亡事故による逸失利益の計算方法は、次の通りです。

逸失利益 = 年収 × (1-生活控除率) × (就労可能年数に対するライプニッツ係数)

 

①死亡事故における逸失利益

死亡事故における逸失利益の計算時の年収は、職業によって異なります。

 

1.給与所得者

原則として、事故前の現実の税込み収入額(本給、諸手当、賞与、昇給、退職金)

 

2.事業所得者

原則として、事故前の収入額、または事業収入中に占める本人の寄与分

 

3.家事従事者

原則として、賃金センサスの女子労働者の全年齢平均賃金

 

4.幼児・学生など

原則として、男子は男性労働者の全年齢平均賃金。年少女性は、全労働者の全年齢平均賃金。その他の女性労働者の全年齢平均賃金。

 

5.無職者

原則として、男子または女子労働者の平均賃金(年齢別または全年齢)

 

②生活費の控除率

死亡により生活費がかからなくなるための控除。
・一家の支柱:30~40%を収入額より控除
・女子(主婦・独身・幼児を含む):30~40%を収入額より控除
・男子(独身・幼児を含む):50%を収入額より控除

 

③就労可能年数に対するライプニッツ係数

原則として、67歳までを就労可能年数としますが、開業医・弁護士については70歳までとされる場合もあります。およそ55歳以上の高齢者(主婦を含む)については67歳までの年数と平均余命の2分の1のいずれか長期の方を使用します。

また、平成11年11月の判例により、特段の事情がない限り年5%の割合によるライプニッツ方式を採用するようになりました。

損害賠償金を一時払いで受け取ると利殖をして利息を得ることができるため不公平な問題がありましたが、現在ではライプニッツ係数を利用して利息の獲得の補正が行われるようになっています。

もっとお知りになりたい方はこちらもご覧下さい。

●交通事故問題でお悩みの方へ
●問題解決の流れ ●賠償金額決定の3基準
●損害賠償金の計算方法 ●後遺障害とは? ●むちうちは立派な後遺障害!

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop26.jpg

●HOME
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用

相談料金着手金0円 宮城県仙台市で交通事故のご相談 022‐213‐8202

ご相談の流れはこちら

推薦者の声

詳しくはこちら

交通事故Q&A
保険代理店アシストクラブ
お気に入りに追加する
弁護士費用
事務所案内
相談票ダウンロード

Contents menu

事務所概要
対応エリア
Access map
ImgLS2_6.jpg
新規事業開業を応援するBMフランチャイズ認定、優良ビジネスコンサルタント

 

koutujikobengoshi.png

challenge25logo.PNG

Google+
けやき法律事務所

宮城県仙台市青葉区一番町2-10-17 仙台一番町ビル8階 TEL:022-213-8202 (9:00~17:00 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元仙台市の法律事務所です。
Copyright (C) けやき法律事務所 All Rights Reserved.