軽自動車での交通事故について

軽自動車での交通事故について


TNF_0936.jpg

近年、軽自動車を利用する方は増加傾向にあり、街中のいたるところで軽自動車を見かけるようになってきました。自動車検査登録情報協会の発表によると、今や軽自動車は3台に1台の割合で保有されています。軽自動車は今や日常生活の足として私たちの生活を支えてくれる自動車になってきていると言えます。

軽自動車は小回りが利く乗り物であるので、ちょっとした外出などで非常に便利ではありますが、街乗り用に作られているため、交通事故のように大きな衝撃が生じた場合に、普通車と比べて交通事故被害が大きくなる傾向にあります。交通事故総合分析センターの調査によると、軽自動車乗車中の交通事故では、普通車よりも死亡事故が多い傾向にあります。

軽自動車乗車中の交通事故では、一番はむちうちが多いですが、むちうち以外にも肩や手足の骨折を伴うような重症を負ってしまうことも少なくありません。このような怪我を負ってしまった場合、大切なことは2つあります。

軽自動車での交通事故問題解決のポイント
早期段階から適切な治療を行い、怪我をなるべく完治させること。
怪我が完治せず、後遺症(後遺障害)が残ってしまった場合は、適切な賠償金を受け取ることができるように対応すること。

ほとんどの方が交通事故に遭ったことがない方ですから、まずは交通事故の専門家である弁護士に相談し、適切な治療や保証について相談し、戦略を立てていくことが交通事故問題解決のポイントになります。

軽自動車に交通事故に遭われてしまった方がいらっしゃいましたら、事故直後やまた治療段階からまずは交通事故問題に詳しい弁護士に相談し、適切な問題解決を目指されることをお勧め致します。

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ