解決事例

ここでは、これまでに当事務所にご相談を頂き、解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

解決してきた事件例

・交通事故で四肢麻痺になった事例で,自賠責事務所の後遺障害等級3級の認定に対し,異議申し立てを行い,1級に変更させた。   ・交通事故で四肢麻痺になり(後遺障害等級1級),過失割合が7割の被害者につき,約7500万円の賠償金を獲得した。

・後遺障害等級9級の被害者につき,保険会社の提示が約2900万円であったことから,提訴し,約5200万円を獲得した。

・高速道路を走行中,自損事故を起こし,路肩に非難しようとした被害者を後続のトラック2台が轢過したという事案で,塔乗車傷害保険金の支払を求めたところ,保険会社が支払を拒絶したことから提訴。1審は勝訴したが,2審で敗訴。上告し,最高裁で逆転勝訴した(最判平成19年5月29日)。

・飲酒運転の車にはねられ死亡した事案において,運転手が任意保険に加入していなかったことから,提訴,勝訴判決を得た上で,無保険者特約を利用して,被害者の親族の加入する保険会社から,裁判基準に基づく賠償額を獲得した。なお,この事案の裁判では,同乗者にも賠償が命じられた。

併合6級の後遺症認定を獲得した被害男性について,早期に示談を成立させ,5000万円を超える賠償金を得た事例

相談者 50代男性
後遺障害内容 左大腿骨多発骨折後の変形障害,左下腿~足部の感覚障害,左下肢筋力低下,左足部麻痺等の症状,左足関節の機能障害,左足指の機能障害等
後遺障害等級 併合6級
続きを読む >>

後遺障害認定が非該当であった事案について,提訴し,14級相当の後遺症を認める判決を獲得した事例

相談者 40代男性
後遺障害内容 頚部痛,肩こり,左手のしびれ,脱力,頭痛,頚椎部の運動障害,腰部の重苦感
後遺障害等級 非該当
続きを読む >>

被害者請求で10級10号の後遺障害等級を獲得した後,保険会社からの低額の賠償額提示に対し,交渉を重ねた結果,当初の提示額の1.8倍以上の賠償金で示談が成立した事例

相談者 30代男性
後遺障害内容 左上腕骨近位骨折後の左肩関節の機能障害(左上肢挙上困難)
後遺障害等級 第10級10号
続きを読む >>

赤色信号に従わずに交差点に進入してきた加害車両に衝突され,右橈骨尺骨遠位部骨折を負った女性について,被害者請求により10級10号の後遺障害等級を獲得し,示談交渉により賠償金を当初の約2.25倍に増額させた事例

相談者 30代女性
後遺障害内容 右橈骨尺骨遠位部骨折に伴う右手関節の機能障害,右前腕の回内・回外の可動域制限,右手関節の痛み等
後遺障害等級 第10級10号
続きを読む >>

普通乗用自動車と大型自動二輪車の衝突によって被害者が負傷し,後遺障害等級が併合12級と認定された事案について提訴し,併合11級の認定を前提とする和解が成立した事例

相談者 30代男性
後遺障害内容 左尺骨茎状突起骨折後の変形障害,左橈骨遠位端骨折および左尺骨茎状突起骨折に伴う左手関節の機能障害,左大腿骨骨幹部骨折後の左大腿部痛など
後遺障害等級 併合12級
続きを読む >>

非該当に対する異議申立の結果,併合11級を獲得し,賠償金2131万円を得た事例

相談者 30代男性
後遺障害内容 鎖骨の変形障害,痛み,顔面部醜状
後遺障害等級 併合11級
続きを読む >>

裁判の結果,過失割合を0:100とし,加害者提示案の4倍以上の賠償額を獲得した事例

相談者 30代男性
後遺障害内容 上肢・下肢関節の機能障害等
後遺障害等級 併合9級
続きを読む >>

頚腰椎捻挫後の頚腰部痛などについて併合14級を獲得し,総額で約430万円の示談を成立させた事例

相談者 50代男性
後遺障害内容 頚椎捻挫後の頚部痛,左上腕~手の痛みと感覚異常,左手首~手のシビレ等, 腰椎捻挫後の腰痛等
後遺障害等級 併合14級
続きを読む >>

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ