1.交通事故被害に遭遇してから間もない状況である。 

TNF_0936.jpg

あなたに今必要なことは、交通事故問題を適切に解決するための戦略を構築し、適切な治療を行うことです。

交通事故では、後遺障害(後遺症)に関する問題や、保険会社との示談交渉における問題など、交通事故の専門家でなければ適切に対応することが難しい問題が多数あります。

そのため、事故に遭ってから何の見立ても無く治療を行うと、本来受け取れるはずの賠償金を受け取る事ができないことがあります。

交通事故に遭って間もない、治療のために通院し始めたばかりである、という方は、まずは交通事故の専門家である弁護士に相談し、適正な賠償金獲得に向けた戦略を構築することをお勧めします。

2.医師から「症状固定」について話をされるようになった。

医師から「症状固定」について話をされた方はこちらをご覧ください。詳しくはこちらへ

3.後遺障害の等級認定が出た、保険会社から賠償金の提示があった

後遺障害の等級認定が出た方、保険会社からの賠償金の提示があった方はこちらをご覧ください。詳しくはこちらへ

「1.交通事故被害に遭遇してから間もない状況である。 」の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ