交通事故にあって治療中に,また事故にあったら

TNF_0933.jpg

 

最近,このような相談が多くあります。はじめの事故とあとの事故による傷害が同じ部位である場合,治療はあとの事故の加害者の加入する任意保険でなされるのが通常です。

 


はじめの事故の治療部位が,あとの事故のそれと重なりつつも異なる場合,異なる部分については,はじめの事故の加害者の加入する任意保険により継続されることになります。

 

問題は,はじめの事故の治療について当該保険会社より治療の打ち切り,示談の提案があった場合です。同じ部位については,後遺症の残る可能性がありますが,この後遺症がまえとあと,どちらの事故によるものか判然としません。

 

 

したがって,はじめの保険会社から上記のような対応があった場合,安易に示談してはいけません。あとで解決がこじれないよう,すぐに弁護士に相談することをお勧めします。

 

交通事故Q&Aの関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ
無料相談のお問い合わせ 022-213-8202 受付時間:9時~21時
相談時間:9時~17時
(夜間・土日応相談)
お問い合わせはこちら
LINEでの無料相談
予約も受付中です
お問い合わせはこちら