弁護士コラム:ドライブレコーダーの装着について

あおり運転が昨年大きな社会問題となり,道路交通法の改正によりあおり運転に対する罰則が定められました。あおり運転を立証するためにはドライブレコーダーの映像が効果的であるとして,ドライブレコーダーの需要が高まっています。

 

ところで,交通事故状況に関しても,ドライブレコーダーの映像の存在は強力な立証手段となります。

 

例えば, 交差点に入った際の信号が赤だったのか,青だったのか,当事者が自分に有利な主張をしている場合,ドライブレコーダーの映像は決定的なものとなる可能性が十分にあります。みなさんは信号機には信号サイクルの機械があるのだから,それで十分ではないかと考えるかも知れませんが,信号サイクルの機械が設定されている交差点ばかりとは限りませんし,時間によってサイクルも変わり,必ずしも有効な立証手段とは言えない場合が多いです。

また, 駐車場内での事故については,どの場所にいたのか,停車していたのか,動いていたのか,が問題となることが多いのですが,この場合もドライブレコーダーの映像が決定的になる場合が多いと思います。ドライブレコーダーは比較的安価に購入できる商品もありますので,できるだけ早く車に装着して下さい。

 

一部の保険会社では,保険商品としてドライブレコーダーを活用した先進的なサービスを提供しているところもあります(ドライブレコーダーは保険会社からの貸出になるようです。)。
なお,ドライブレコーダーはみなさまの運転の状況も録画することになりますので,是非安全運転を心がけて下さい。

弁護士コラムの関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ