物損対応について

 車対車の交通事故の場合、けがをして通院している最中であっても、車の修理や、全損の場合の補償の問題がまず解決しなければならないものとしてでてきます。

 

 保険会社は、修理工場と修理の仕方や金額について協議をするのが一般的ですが、修理工場と協議が整わず、放置されることがあります。また、全損となった場合、車の時価で被害者のみなさまと協議がつかないことがあり、時間だけが経過していく場合があります。さらに、車両の評価額や過失割合の問題で、解決が長引く場合もままあります。

 

 このような場合、いたずらに時を経過させることは、被害者のみなさまに決して有利になることはありません。代車がでている場合、代車代の一部を負担しなければならないことになったりする場合などがあるからです。

 

 物損の解決が長引きそうな場合、早めに弁護士に相談し、今置かれている状況について適切な説明を受け、対応していくことが必要です。早めに弁護士に相談してください。


弁護士コラムの関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ