若手弁護士の採用について

TNF_0974.jpg

平成元年に弁護士登録し,翌2年に法律事務所を同期の弁護士と開業しました。平成7年にその弁護士が独立・開業してから,ひとりで気楽に事務所を運営してきました。

 

 

しかし,3年前から交通事故の案件に力を注ぎ,ひとりでも多くの被害者の力になりたいと事件をお受けしていたところ,困っている被害者の方々は数多く,もはやひとりでは事件処理ができなくなってしまいました。

 

 

そこで,司法修習を修了したばかりの草野友里恵弁護士を今年の1月に採用し,仕事を手伝ってもらうことにしました。

草野弁護士はこの3か月で急成長しましたので,今後みなさまの相談にのったりなど,お役に立つことができると思います。また,草野弁護士は優しく思いやりがありますので,必ずみなさまの信頼を得ることができると思います。

弁護士コラムの関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ