【解決事例8】高次脳機能障害を負った70代の男性の慰謝料が900万円増額した事案

相談者
70代男性
後遺障害内容
高次脳機能障害
後遺障害等級
第3級3号
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 35,000,000円
44,000,000円
9,000,000円

 

交通事故の概要

被害者(70代男性,自営)が信号機のない交差点の横断歩道を歩行していたところ,右折してきた加害車両が衝突,頭蓋骨骨折,脳挫傷,急性硬膜下血腫等の傷害を負った。

 

後遺障害認定までの経過

被害者は事故直後意識のない状態であったが,回復し,事故の約1か月後には退院ができるまでの状況になった。主治医に高次脳機能障害についての知識や理解が乏しかったため,理解を求めて後遺症診断書等を作成してもらい,併せて本人の症状を細かに報告書にまとめて申請をしたところ,3級3号が認定された。

 

損害賠償についての交渉経過等

まず,当方からの希望額を保険会社に伝え,交渉を開始。

 

保険会社は3500万円程度でまとめたかったようであるが,最終的に4400万円で決着した。

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ