【解決事例35】通院などのアドバイスを行い、併合14級を獲得した事例

相談者
40代男性
後遺障害内容
頚肩部・腰部挫傷
後遺障害等級
併合14級
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 0円
4,250,000円
4,250,000円

 

交通事故の概要

 相談者が,信号機のある交差点で赤信号待ちのため停車していたところ,加害車両が後方から追突した。
 

交渉経過等

 保険会社との交渉や,後遺障害が残った場合の対応について不安があったことから,事故から1か月半後に相談を受けた。通院などについてアドバイスを行った他,医師と面談するなどの経過を辿り,併合14級の認定を受けた。相談者の意向によりすぐに提訴,わずか4か月で上記の和解となった。

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ