【解決事例70】被害者請求で併合14級の後遺障害を獲得後,加害者側保険会社の提示が極めて低額であったため提訴,同社提示の50倍以上での和解が成立した事例。

相談者
60代女性
後遺障害内容
首から背中・腰にかけての常時の痛み,左腕,指にかけてのしびれ等。
後遺障害等級
併合14級

【裁判前】    9万円

【和解後】  465万円

【増額分】  380万円

交通事故の概要

被害者の運転する自転車が自転車の走行可能な歩道を走行していたところ,路外駐車場から歩道上に後進してきた加害車両に衝突された。事故により被害者は頚椎捻挫,腰椎捻挫等の傷害を負った。

交渉経過等

事故直後より被害者から相談を受け,後遺障害申請を行ったところ,併合14級の認定を受けた。当該認定を前提に加害者側保険会社に示談案の提示を求めたところ,極めて低額の提示額であった。そこで,被害者が提訴し,大きな争点として,後遺障害の有無,過失割合,損害との関係では被害者の基礎収入が争点となったが,最終的にほぼ全面勝訴の形で和解が成立し,被害者は総額で465万円の賠償金を取得した。

 

損害項目 原告の主張 被告の主張 裁判所和解案
治療費 3,246,682 3,239,122
通院交通費 293,700 293,700
入院費 43,500 43,500 43,500
診断書料等 17,960 17,960 17,960
通院慰謝料 1,700,000 1,300,000 1,650,000
休業損害 1,881,150 249,197 1,341,344
逸失利益 1,452,568 0 679,386
後遺障害慰謝料 1,100,000 0 1,100,000
小計 6,195,178 5,151,039 8,365,012
過失相殺 0 10 5
相殺後損害額 6,195,178 4,635,935 7,946,761
既払金 △258,530 △3,791,352 △3,791,352
小計 5,936,648 844,583 4,155,409
自賠責損害賠償金 △750,000 △750,000 △750,000
合計 5,186,648 94,583 3,405,409
調整金 494,591
裁判所和解案 3,900,000

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ