【解決事例20】頚椎捻挫,腰椎捻挫で併合14級を負った30代男性が賠償金を287万円に増額した事例

相談者
30代男性
後遺障害内容
頚椎捻挫,腰椎捻挫
後遺障害等級
併合14級
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 554,000円
2,878,000円
2,324,000円

 

交通事故の概要

信号機のある交差点で赤信号に従い停車していたところ,後方より追突された。
 

交渉経過等

保険会社の提示額が55万円と低額であったが,交渉の結果,既払金を除き287万円と大幅な増額となった。

 

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ