【解決事例4】示談交渉を弁護士が介入する事で56万円増額した事例

相談者
30代女性
後遺障害内容
頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級
非該当
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 1,060,000円
1,620,000円
560,000円

 

交通事故の概要

片側2車線幹線道路右側車線を走行中,車線変更の合図をしないで車線変更してきた車両に衝突された(過失割合1割)。
 

交渉経過等

弁護士介入後の示談交渉案件であり,保険会社の提示が低額であったが,粘り強く交渉し大きな増額となった。

 

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ