【解決事例29】治療費の支払が打ち切られたが、治療を続けるよう指導し、14級9号を獲得した事例

相談者
40代男性
後遺障害内容
頚椎捻挫
後遺障害等級
14級9号
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 740,000円 5,550,000万円
4,810,000万

 

交通事故の概要

渋滞中の高速道路で停車していたところ、後位車に追突されたもの。
 

交渉経過等

治療費の支払が打ち切られ、上記低額の提示がなされたが、痛み等があったため、相談。再度自費で治療を続けるよう指導し、14級9号を獲得した。その後、訴訟し、提訴後6か月ほどで上記の解決となった。

 

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ