【解決事例19】頸椎捻挫で14級9号の後遺障害に認定され、保険会社との交渉によって当初提示額から263万円増額となった40代男性の事案

相談者
40代男性
後遺障害内容
頸椎捻挫
後遺障害等級
14級9号
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 1,780,000円
4,388,000円
2,638,000円

 

交通事故の概要

交差点で追突された事故(第1事故)による治療中,交差点で再び追突(第2事故)された。

 

交渉経過

保険会社の提示額は第1事故と第2事故合わせて170万円であったが,交渉の結果433万8000円で解決した。


なお,この案件では,第1事故の物損についても争いがあった。保険会社提示額が40万円であったが,提訴し,最終的に400万円で解決した。

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ