【解決事例23】提示額が低額であったため弁護士が入り提訴することでほぼ倍増の435万円で和解が成立した事例

相談者
30代男性
後遺障害内容
頚椎捻挫
後遺障害等級
14級9号
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 2,270,000円
4,350,000円
2,080,000円

 

交通事故の概要

被害者が停車中の車の後方で対向車の通過を待っていたところ,後方から追突されたもの
 

交渉経過等

上記のとおり,提示額が低額であったことから提訴。ほぼ倍増の435万円で和解が成立した

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ