【解決事例43】保険会社からの低額の賠償額提示に対し,最終的に当初の賠償提示額の倍以上の増額に成立した事例

相談者
40代女性
後遺障害内容
腰痛,右下肢のしびれ
後遺障害等級
14級9号
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 1,679,011円
4,800,000円
3,120,989円

 

交通事故の概要

被害者が信号機のある交差点の歩道を青信号に従い横断していたところ,対向車線から右折してきた加害車両に衝突されたもの。
 

交渉経過等

歩行者と四輪車の事故であり,被害者は事故により骨盤骨折(仙骨,恥坐骨),頚椎捻挫,頭部挫創等の重傷を負い,約2か月の入院,約1年の通院を余儀なくされ,上記傷害を理由とする腰痛,右下肢のしびれなどの症状を後遺し,14級9号と認定された。

保険会社からの提示額が適正かどうかの相談を受けた。その提示額は,いずれの項目も自賠責及び保険会社独自の非常に低額な基準で算定されていた。
そこで当方が改めて損害を算定し直し,さらに,被害者が現在も歩行時に杖を使用することを余儀なくされていること等を増額事由として,保険会社に対し,賠償額の増額交渉を行った。

そして最終的には,増額事由も一定程度認めさせ,示談交渉前の倍額以上の増額に成功した。

zirei042.png 

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ