【解決事例33】一度は診療費の支払いを拒否されたが、後遺障害5級を獲得し、賠償金約3500万円で解決となった事例

相談者
80代女性
後遺障害内容
顔面部瘢痕,左眼視力障害,混合性難聴など
後遺障害等級
併合5級
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 0円
34,730,000円
34,730,000円

 

交通事故の概要

 信号機のない交差点を横断していたところ,加害者が進入できない道路に進入,相談者に腕頭動脈損傷,多発助骨骨折,骨盤骨折,多発顔面骨折,左外耳道狭窄等の重傷を負わせた。
 

交渉経過等

 相談者が上記傷害を悲観してうつ状態となったところ,保険会社が当該診療科の支払を拒否,当事務所を相談することになった。

 とりあえず,医療費の支払は保険会社に続けてもらうことにし,その後後遺障害5級を獲得。拒否された医療費の問題や過失割合,基礎収入,介護料等争点が多数と予想されたため提訴。ほぼ相談者の主張が認められ,上記金額での和解となった。

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ