【解決事例78】放射線科医師の協力を得て,併合14級の後遺障害を獲得し,示談交渉を始めて約1か月で370万円の示談交渉を成立させた事例

相談者
40代男性
後遺障害内容
頚部痛,右上肢痛としびれと脱力,頭痛,めまい,腰背部痛
後遺障害等級
併合14級

 

[示談前]      500,000円

[示談後]    3,700,000円

[増額分]    3,200,000円

 

交通事故の概要

仙台市在住の被害者が宮城県仙台市内の渋滞中の国道において前車に続いて停車していたところ,ノーブレーキの後続車に追突され,その衝撃で前車に衝突するなど,自車を含め3台の玉突き事故に巻き込まれ,いわゆるむち打ち損傷の傷害を負った。そこで,仙台市内に事務所を有する当弁護士事務所に相談した。なお,修理代は76万円を要した。

 

交渉経過等

被害者は相手方保険会社の物損の対応に納得できず,当弁護士事務所に相談に来た。当事務所のアドバイスにより,被害車両の時価の交渉で増額の結果を得て,治療に専念できるようになった。MRI画像に異常所見が認められたことから,放射線科専門医の協力を得て14級を獲得し,その後1か月という短期間で示談を成立させた。被害者の獲得した概算での金額は以下のとおりである。

 

損害項目 被害者 相手方保険会社 示談額
 治療費
 交通費 120,000 120,000
 診断書料 10,000 10,000
 傷害慰謝料 1,650,000 500,000 1,220,000
 後遺障害逸失利益 2,250,000 1,250,000
 後遺障害慰謝料 1,500,000 1,100,000
 (合計) 5,530,000 500,000 3,700,000

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ