【解決事例2】治療中から保険会社担当者の妨害にあい治療ができなかったが、訴訟を提起し併合14級を獲得し291万増額した事例

相談者
30代女性
後遺障害内容
頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級
併合14級
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 1,340,000円
4,250,000円
2,910,000円

 

交通事故の概要

工事中の道路の坂道で前車に引き続き停車していたところ,前車が急にバックし,2度にわたり衝突してきたもの
 

交渉経過等

治療中から保険会社担当者の妨害にあい治療ができないでいたが,相談の上冷静に対応することとし,その結果併合14級を獲得した。

後遺障害獲得後保険会社に示談案の提示を求めたところ,上記のとおり低額であったことから,訴訟を提起し,最終的に425万円で和解した

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ