【解決事例7】醜状障害で14級5号の認定を受けた60代女性の賠償金を156万円増額させた事例

相談者
60代女性
後遺障害内容
醜状障害
後遺障害等級
14級5号
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 1,840,000円
(自賠責保険金及び
休業損害は受領済)
3,400,000円
1,560,000円

 

交通事故の概要

被害者が信号に従い十字路交差点の横断歩道を横断していたところ,左折してきた軽トラックに衝突されたもの。

交渉経過等

後遺障害認定後の保険会社の提示額は184万円であったが,交渉の結果340万円で解決した。休業損害及び自賠責の保険金75万円を含めると合計で626万円の金額となった。

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ