大型トラックと正面衝突して死亡した60代男性の賠償金が早期に1,700万円増額した事例

相談者
40代男性
後遺障害内容
死亡
後遺障害等級
       示談交渉前
示談交渉後
増額分
合計 34,000,000円
51,000,000円
17,000,000円

 

交通事故の概要

被害者が業務で大型トラックを運転し,トンネル内を走行していたところ,対向車線からセンターラインをオーバーしてきた大型トラックと正面衝突し,被害者が死亡した。
 

交渉経過等

交渉開始後保険会社から提示された額は3400万円と低額であった。主に被害者の事故前年度の年収が低かったかったことによるものであったが,訴訟による和解では,被害者の基礎年収が賃金センサスによるものとされ,早期に1700万円もの大幅な増額での解決となった。

 

解決事例の関連記事はこちら

  • 仙台交通事故被害者 無料相談会はこちら
  • 無料法律相談はこちら
トップへ